膝の痛み

変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節痛・膝痛なら高崎市の上大類整体院へ

「膝の軟骨がすり減っても、痛みは感じない」

~日本整形外科医の証言~

「今まで数多くの難治例と
言われた膝痛患者様を
治してきた経験から、
これは断言できるのですが、
長引く膝痛の原因は断じて
軟骨ではありません。

正確に言うと軟骨の摩耗は
膝痛の誘因ではありますが、
直接の原因ではないのです。」
(日本整形外科医師 S先生より)

 

この証言からもわかる通り、
軟骨がすり減って痛む
ということはありません。

そもろも軟骨には神経が
通っていませんので、軟骨が傷ついても痛みは感じません。

(髪の毛や爪を切っても
痛みは無いでしょ?
それと一緒です。)

では、軟骨が痛みの原因では
無いのであれば、何が原因なのか?
わかりやすく
順序立てて説明しましょう。

 

まず誰しもが確実に
加齢により軟骨がすり減ります。
(これは誰にも止められません。)

このすり減った削りカス(軟骨片)は
膝関節内に炎症を引き起こします。

その関節の中の炎症を抑えるために、
水が溜まります(膝が腫れる)。

腫れが引き、水がなくなっても、
一度炎症を起こした関節は、

その後必ず周りの
組織が硬くなります。
(これを繊維化と言います。)

 

そして硬くなった関節は
痛みの神経が過敏になって、少しの刺激でも痛みを拾う、
「筋筋膜性疼痛」を引き起こすようになります。

 

こうして立ち上がりや歩行、
膝を曲げ伸ばしするたびに痛むようになる、
これが膝痛慢性化のメカニズムです。

 

じゃぁ、どうやって直すべきなのか?

 

関節軟骨ではなく、
最も膝の痛みの原因に
なっているものは、筋膜はじめ靭帯、腱、
脂肪体など運動器構成体です。

 

こうした運動器構成体を
リリースすることにより改善へと導きます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上大類整体院

ホームページ見た!とお電話下さい。

027-353-2800

027-353-2800
ネット予約はコチラ
営業時間
10:00~12:00/15:00~20:00
定休日
水曜日、第1・3木曜日

〒370-0036群馬県高崎市上大類町1013東部ハイツB101